iPhone 5cは白ロムで買おう!メリットや使い方をご紹介

2007年に初代iPhoneが発売されてから、様々なiPhoneが発売されてきました。その中でも、他のiPhoneとは少し違ったiPhoneがあります。それがiPhone 5cです。2013年発売のiPhone 5cですが、格安SIMが話題になっている今、再評価されつつあります。

iPhone 5cはこんな端末

2013年9月に発売されたiPhone 5c。iPhone 5sとともにiPhone 5の後継機として売り出されはしましたが、そのデザインは今までのiPhoneとは一味違ったものでした。それまでのiPhoneのカラーバリエーションはモノクロをベースとしたシックなものでしたが、iPhone 5cはパステルカラー調のファッショナブルな5色のカラー展開になっています。5sにはある指紋認証センサーや、LEDフラッシュや写真撮影の際の自動手ぶれ補正がiphone 5cには搭載されていないなど、5sとは違う路線を開拓したモデルと言えます。また、スマートフォンなどの端末の頭脳とも言えるプロセッサーがiPhone 5cには一世代前のものが搭載されています。

iPhone 5cの白ロムを使うメリット

白ロムのiPhone 5cを使うメリットは「料金を安く抑えられること」です。iPhone 5cは発売当初から他のiPhoneシリーズよりもリーズナブルに買うことができました。発売から年数が経った今、白ロムとしてのiPhone 5cは当時よりも安く買うことができますので、初期費用の端末代がぐっと抑えられます。また、白ロムのメリットである格安SIMで使うことで、月々の使用料金を安く抑えることができます。また、iPhoneの中では機能面がシンプルですので、電話・メール・ネットの基本的な機能が使えればいいという方や、iPhoneは使いたいけど最新のiPhoneモデルじゃなくてもいいという方にはかなりおすすめの端末です。 最近ではiPhoneを始め、サイズの大きな端末が多く、手の小さな女性は片手で操作しづらい方も多いと思います。ですので、スマホは片手で操作したいという方にも使ってもらいたい端末です。

iPhone 5cの白ロムを買う時の注意点

白ロムはほとんどが中古品となりますので、同じiPhone 5cの白ロムであっても状態は様々です。多くの中古スマホ通販サイトは状態をランク付けして分かり易くしていますが、細かいキズなどが見えない場合もありますので、気になる方は中古スマホを扱っている店舗で購入することをおすすめします。白ロムとして販売されているものの中には、元々の所有者が分割の支払いを終えていないまま売却した端末が混じっていることがあります。そういった端末は元々の所有者の支払いが滞った場合は通信不能になってしまいますので、購入の際に赤ロム保障があるかどうかは確認しましょうまた、格安SIMで利用しようと考えている方は、どこのキャリアのiPhone 5cの白ロムかを確認して購入しましょう。例えばauから発売されたiPhone 5cの白ロムを購入した場合、au系列の格安SIM業者と契約する必要があります。


iPhone 5cは、今でも充分使える端末です。多機能なスマートフォンが多い中、使わない機能にお金を払いたくないと考える方は多いかと思います。iPhone 5cはそんな方におすすめです。格安SIMと組み合わせて使えば、きっと満足のいくスマホ生活になりますよ!

投稿日:


ショッピングガイド

配送・送料について

商品別配送料金一覧(全国一律料金)

PC
PCケース
タブレット
ディスプレイ
プロジェクタ
商品1点につき1,543円(税込)
その他の商品 1店舗ごと669円(税込)

※同一店舗の在庫であっても6点以上のご注文の場合は5点を超えるごとに669円(税込)を申し受けます。

通常ご注文後3営業日以内に発送いたします。

(先払いの場合は入金確認後となります。)

店頭でのお受け取り・お支払い等は承っておりません。

詳細はこちら

お支払方法について

ご注文時に6つの方法からご指定ください。

■クレジットカード

■コンビニ決済

■銀行振込

■銀行ネット決済

■代金引き換え

■ATM決済 (ペイジー決済)

詳細はこちら

保証と商品状態について

商品によって保証期間がございます。
また、「中古商品の状態」、「商品ランク」については、それぞれ詳細をご確認下さい。

詳細はこちら

返品について

商品到着から14日間以内で指定の条件を満たした場合は、お客様都合による返品をお受けします。 詳しくは詳細をご確認下さい。

詳細はこちら

お問い合わせ

TOP