SIMロック解除の方法とルール!各キャリアの端末をSIMフリーにするには?

キャリアと契約し購入した携帯端末を格安SIMで利用したい、海外SIMで使いたいなどといった理由で、SIMフリー端末にするために必ず行う“SIMロック解除手続き”。キャリアとの手続きによりSIMロックを解除することができますが、キャリアごとに方法は異なります。各キャリアのSIMロック解除のルールや、手順、注意点をご紹介します。

docomo系白ロム端末のSIMロック解除方法と注意するポイント

docomoの場合、SIMロック解除を行う手続きは契約者本人のみが受付可能となります。SIMロックを解除するためのdocomoのルールとして、
 ・ネットワークの利用制限や、各種ロックがかかっていない状態である
 ・利用料金の支払い実績が確認できる
 ・購入履歴と契約者が一致する
 ・端末を購入してから6ヵ月以上経っている
 ・docomo解約者の場合は解約してから3ヵ月以内である が条件となります。
ポイントとして、docomo系の格安SIMを利用する場合は、SIMロック解除は必要なくそのままの状態でSIMカードを差し替えて、必要な設定をすれば使用できるようになっているため便利です。

au系白ロム端末のSIMロック解除方法と注意するポイント

auのみ特殊なSIMロック解除方法を持っており、契約者以外でもSIMロックを解除することができます。この場合、本人確認書類の提出やショップへ自身で持ち込むことが必要です。 SIMロックを解除するためのauのルールとしては、
 ・2015年5月以降に発売された、SIMロック解除可能機種である
 ・機種を購入した日から180日以上の日数が経過している
 ・ネットワークの利用制限が行われていないau機種である
が条件です。 auの端末はdocomoと違い、au系格安SIMを使用する場合でも一部端末でSIMロックを解除しなければ使用できないものが含まれています。

SoftbBank系白ロム端末のSIMロック解除方法と注意するポイント

SoftbBankではSIMロック解除の手続きは契約者本人のみ対応可能となっています。
SIMロックを解除するためのSoftbBankのルールとしては、
 ・購入した日より181日目以降であること
 ・SoftbBankを解約してから90日以内で、契約者本人であること
 ・安心遠隔ロック等の機能制限が解除されている
 ・解除する場合 ・故障等の要因が見受けられる場合は不可能、修理を行い改善後は手続き可能
 ・ネットワーク利用制限が行われていない機種であること
SoftbBank系の格安SIM会社は一般市場にはまだなく、SoftbBankの白ロム端末をSIMロック解除する場合はdocomo系やau系のSIMを使用する場合に行われています。

どのキャリアにもSIMロック解除を行う場合、約6ヵ月の購入経過日数やネットワーク利用制限の解除などがルールとして設けられており、把握しておくことが大切です。現在はdocomo系・au系の格安SIM会社が主流のため、この2社から発売されているスマホを利用すると比較的スムーズに作業が進みます。

投稿日:
 更新日:


ショッピングガイド

配送・送料について

商品別配送料金一覧(全国一律料金)

PC
PCケース
タブレット
ディスプレイ、テレビ
プロジェクタ
中古VR機器
スキャナー
プリンター
商品1点につき1,429円(+税)
その他の商品 1店舗ごと620円(+税)

※同一店舗の在庫であっても6点以上のご注文の場合は5点を超えるごとに620円(+税)を申し受けます。

通常ご注文後3営業日以内に発送いたします。

(先払いの場合は入金確認後となります。)

店頭でのお受け取り・お支払い等は承っておりません。

詳細はこちら

お支払方法について

ご注文時に6つの方法からご指定ください。

■クレジットカード

■コンビニ決済・・・決済手数料:600円(+税)

■銀行振込・・・お振込手数料:お客様ご負担

■銀行ネット決済・・・決済手数料:300円(+税)

■代金引き換え・・・代引手数料:600円(+税)

■ATM決済 (ペイジー決済)・・・決済手数料:300円(+税)

詳細はこちら

保証と商品状態について

商品によって保証期間がございます。
また、「中古商品の状態」、「商品ランク」については、それぞれ詳細をご確認下さい。

詳細はこちら

返品について

商品到着から14日間以内で指定の条件を満たした場合は、お客様都合による返品をお受けします。 詳しくは詳細をご確認下さい。

詳細はこちら

お問い合わせ

TOP