格安SIMとは

2015年5月、総務省の通達によって携帯電話のSIMロック解除が義務付けられました。そのため、一般の国内利用者にも大手キャリア以外のMVNOによる格安SIMを使いやすくなりました。今回はそんな格安SIMについて、その概要とメリットについて詳しくご紹介します。月々の通信費がぐっと安くなる格安SIMを知ってみてください。

格安SIMとは?

格安SIMとは、料金が安い通信サービス(携帯電話やWiFiなど)及びそれらを利用することのできるSIMカードを指します。2015年5月、日本国内の通信キャリアは、携帯端末にかけられているSIMロックの解除が義務付けられました。

今までは携帯電話端末自体に契約者情報と通信事業者の情報が紐付けられており、内蔵されているSIMカードが、契約されたSIMカード以外の場合、通信などのサービスが利用できませんでした。これをSIMロックと呼び、通信大手キャリアが顧客の他者流出を防ぐために長い間用いられた手段でした。

このSIMロックの解除が義務付けられたことで、利用者は自分の携帯電話の使い方に応じて、安い料金プランの格安SIMを利用し易くなりました。SIMロックを解除した携帯電話をSIMフリー携帯と言います。SIMフリー携帯は海外では以前から販売されていましたが、日本ではあまり販売されておらず、今回のSIMロック解除の義務化が新しい携帯電話の活用方法として期待されています。

SIMロックの解除という側面以外に格安SIMを可能にした要因としては、まずMVNOがサービスを提供しているという点です。MVNOとはMobile Virtual Network Operatorの略で、国内大手キャリアのNTTdocomo、KDDI、ソフトバンクのように自社で通信設備を持たずに、大手キャリアのような他社通信業者から通信設備を借りてサービスを提供する形態の会社です。

プロバイダーを提供する会社など様々な会社がMVNOに参入し、より安い格安SIMの提供を行っています。また、定額ではなく使用するデータ通信量に応じた料金設定を行っている会社が多いため、大手キャリアのような使わなくても一律の定額料金を払う必要がなく、少ない通信料で安い料金設定を可能にしています。さらに格安SIMを扱う会社は人件費が少なく済むことも格安を可能にする要因です。

大手キャリアでは携帯電話を購入する際、契約等の関係から店頭などのショップに訪れなければいけないことがほとんどですが、格安SIMの場合はインターネット上で契約し、SIMカードも発送で済ますことから、人件費を削減することができ、その分料金設定を下げることができます。日々参入会社も増えているため、一概にどの会社が一番良いかは利用者に依りますが、有名な会社を挙げるとすれば、ocnモバイルone、iij mio,b-mobile、楽天モバイル、BIGLOBE、UQモバイル、mineoなどの会社があります。

格安SIMを利用する際には対応機種に関して注意が必要です。対応機種に関しては各MVNO業者がリストを公開していますので、そちらをご覧ください。

▲ページトップへ戻る


格安SIMのメリット

格安SIMのメリットは何と言っても月々の携帯電話通信料が安くなることです。携帯電話、特にスマホを使っている人の多くは月々7000円から10000円程度の通信費を払っていることが多いと思いますが、格安SIMを利用することで2000円以下まで安くすることができます。1年に直してみると5000円安くなれば60000円もの節約になる上、使い勝手はそれまでとほとんど変わらないのでお得です。

また、大手通信キャリアの2年契約などに縛られないというメリットもあります。NTTdocomoやKDDI、ソフトバンクなどの大手通信キャリアでは2年ごとに契約を更新する契約が一般的でした。

2年経過すると、1ヶ月間の更新期間となり、この間に機種変更や他社への乗り換えを行わないと高い違約金を払わなければならなくなります。また、乗り換えの手数料も考えると更に費用がかさんでしまいます。携帯電話も2年も使うと機能が古くなったり、故障等も多くなってくるため、更新期間を逃してしまうと契約期間内に機種変更等を行い、余計な費用をかけざるを得ないことになってしまいます。

格安SIMであればそういった大手キャリアの縛りから解放され、好きな時に機種変更を行うことができるので月々の通信費と併せて経済的です。もちろん端末代の兼ね合いはありますが、それは大手キャリアでも格安SIMでも同じです。格安SIMにも短期契約解除の違約金はありますが、その多くは1年以内であることが多いため、ほとんどのユーザーは1年以上同じ端末を使うことが多いため問題はないでしょう。

海外で携帯電話を使いたい方にも海外の格安SIMはおすすめです。大手キャリアのまま携帯電話を海外で使うと、通信料が割高になってしまいます。モバイルデータ通信をオフにしたとしても、訪問先で常に無線LANがあるとは限りません。SIMフリーの端末なら海外の格安SIMを購入して使うこともできます。海外旅行や海外出張などで一時的に海外での携帯電話の使用がある場合は格安SIMの方が圧倒的にお得になります。

まとめると、携帯電話で通話を多く行ったり、使用する通信料が1ヶ月あたり7GBを超えてしまうようなヘビーユーザーでない限り、格安SIMの方が通信費が安く、また機種変更や海外での使用に柔軟に対応できるという点から、格安SIMのメリットはあると言えるでしょう。これから新規契約を考えている方は格安SIMによる携帯電話の利用をおすすめします。

▲ページトップへ戻る


格安SIMカードの種類

格安SIMのSIMカードにはいくつかの種類があります。機能の面から分けると「データ通信だけを行う格安SIM」と「データ通信と通話もできる格安SIM」の2種類に分けることができます。ここでいう音声通話は電話回線を利用した電話のことです。

現在はLINEやSkypeなど、データ通信を利用した通話サービスもあるため、これで十分という方はデータ通信だけを行う格安SIMでもいいでしょう。電話をしない分利用料金が安くなります。

この2種類の格安SIMを基本として、料金の多寡、契約の形態(月額料金かプリペイドの一回払いか)、SMS(メッセージ、メール)機能の有無、IP電話やテザリング、公共のWi-Fiなどの有無、LTE(4G)対応の有無、最大通信速度の設定、通信量の上限設定、通信速度制限時の通信速度の設定、容量追加サービスの有無、そしてSIMカードのサイズなどで選ぶことになります。

学生や主婦の方など、オフィシャルな電話を必要とせず、データ通信量が比較的少ない人、または2台目以降を持ちたい方にはデータ通信だけを行うSIMカードが、必要に応じて電話機能も欲しい方は通話もできる格安SIMがおすすめです。注意点としては、データ通信だけを行う格安SIMの場合、110番や119番などの、緊急時の電話もできなくなってしまうことです。

自分の通信量がわかっても、通信速度については気にしたことがないという方も多いのではないでしょうか。もしメールの送受信やLINEの利用等で十分な方は128kbpsから500kbpsの最大通信速度があれば十分です。動画やゲームを楽しみたいのであればLTE(4G)の高速通信が利用できる最大150Mbpsのサービスを検討してみてください。ただし、1日あたりのデータ通信の使用可能上限(速度制限となってしまう通信量)には気をつけて下さい。

格安SIMは1つの契約で複数枚のSIMカードを使うことができるのも特徴です。1つの契約で家族でSIMカードをシェアするような利用もできます。自分にはどんな格安SIMが向いているのか分からない場合はインターネット上のWebサイトでFAQを見るか、格安SIMの取り扱い会社に問い合わせてみてください。

▲ページトップへ戻る

SIMロックの解除が義務付けられたことにより、SIMフリーの携帯で格安SIMを利用することができるようになりました。今までは通信費は必要経費としてなかなか安くできないものと思われてきましたが、格安SIMの利用によって、年間数万円もの通信費を節約することが可能になりました。ぜひこの機会に格安SIMを活用してみてください。

■『格安SIMとは』ページ上部へ
■ドスパラ中古通販サイトTOPへ
TOP

ショッピングガイド

配送・送料について

商品別配送料金一覧(全国一律料金)

PC
PCケース
タブレット
ディスプレイ
プロジェクタ
商品1点につき1,543円(税込)
その他の商品 1店舗ごと669円(税込)

※同一店舗の在庫であっても6点以上のご注文の場合は5点を超えるごとに669円(税込)を申し受けます。

通常ご注文後3営業日以内に発送いたします。

(先払いの場合は入金確認後となります。)

店頭でのお受け取り・お支払い等は承っておりません。

詳細はこちら

お支払方法について

ご注文時に6つの方法からご指定ください。

■クレジットカード

■コンビニ決済

■銀行振込

■銀行ネット決済

■代金引き換え

■ATM決済 (ペイジー決済)

詳細はこちら

保証と商品状態について

商品によって保証期間がございます。
また、「中古商品の状態」、「商品ランク」については、それぞれ詳細をご確認下さい。

詳細はこちら

返品について

商品に不具合がありました場合は、保証期間内においてのみ返品・返金を受け付けております。詳しくは詳細をご確認下さい。

詳細はこちら

お問い合わせ

在庫・商品・買取に関するお問い合わせは、
各店舗へ直接お問合わせ下さい。
その他お問い合わせは下記窓口へお願いします。
問い合わせフォームはこちら

全店マップへ