SIMフリーとは

2015年5月に、総務省によって携帯各社のSIMロック解除が義務化されました。それに伴い、今後は徐々にSIMフリー端末が増加していきます。今回はそんなSIMロックとSIMフリーの端末に関する概要と、SIMフリー端末利用における利点と用途をご紹介します。携帯料金が高く困っている、海外でも携帯電話を使いたい方に、SIMフリー端末はおすすめです。

SIMフリーとは?

少し前まではNTTdocomoやKDDI、ソフトバンクなどの大手キャリアの携帯電話(スマホ)には、顧客が他社に流れるのを防ぐためにSIMロックというものがかけられているのが普通でした。現在、多くの携帯電話には契約者の情報と通信事業者の情報を紐付けるためのSIMカードというものが挿入されています。

このSIMカードと端末自体を紐付けることで他のSIMカードを挿入しても端末を使用できないようにするのがSIMロックです。このSIMロックが解除された端末をSIMフリー端末と言います。

SIMロックがあると、通信会社の変更が自由にできなかったり、海外で自分の携帯に現地のSIMカードを挿して使えないなどのデメリットがありました。海外では一般的なSIMフリー携帯も、日本では長らくありませんでしたが2015年の5月にようやく総務省からの要請によって義務化され、一般の人でも国内でSIMフリー携帯を入手できる機会が増えました。携帯端末がSIMフリー化されたことで利用者は端末とキャリアを自由に選べるようになりました。

SIMフリーと混同されやすいのが白ロムです。白ロムとは一度契約した携帯端末からSIMカードを抜いたものであるため、SIMロックが解除されていないものも白ロムに含まれます。

今まで使っていた携帯端末がSIMロックされていたとしても、特定の条件を満たせば解除することができます。基本的に大手キャリアであるNTTdocomo、KDDI、ソフトバンクのSIMロック解除のための条件や手続きの流れは似通っており、まずSIMロック解除の待機期間はどの会社も180日(または6ヶ月)です。費用はWEB上で手続きを行えば無料、店頭で行った場合は3000円かかります。

ただし、端末を解約した後にSIMロックを解除するための期間には違いがあります。NTTdocomoとソフトバンクが解約後のSIMロック解除期間が90日(3ヶ月)以内であるのに対し、KDDIは特に解除期間は設けていません。少し窮屈な規制になっていますが、今後徐々に緩和されると見られています。海外出張などでSIMフリーの携帯電話を使いたい方は注意してください。

SIMロックの解除自体は、してしまっても特に使用上のデメリットなどはないため、購入後180日が経過したらSIMロックの解除を行ってしまってもいいでしょう。

▲ページトップへ戻る


SIMフリーのメリット

SIMフリー端末のメリットとしてまず挙げられるのが、格安SIMが利用可能なことです。大手キャリアで今やお馴染みともなったパケット通信料定額サービスも、そこまで携帯電話のデータ通信を必要としない人にとっては無駄な出費になってしまいます。

格安SIMは3GBや5GBなどのデータ容量別に必要な量に応じた価格で購入することができ、多い人は数千円もお得になります。なんと月額500円の格安SIMもあり、これは大手キャリアではなかなか実現できない値段です。

自分が使った通信料をある程度定期的にモニタリングしている必要はありますが、通話や少しのブラウジング程度で使う場合には通信料を抑えることができます。

また、機種変更が容易であることもメリットです。今までの大手キャリアの契約の多くは2年契約であることが多く、2年経過した際の1ヶ月間を除くと、契約期間中の機種変更や解約には違約金がかかってしまいました。こういった制約がなく、もちろん端末料金はかかるものの、自分の好きな時に機種変更ができるようになりました。

さらに、SIMフリー携帯は海外で現地のSIMカードを購入して使用することができます。SIMロックがかかっている端末では海外で別のSIMカードを挿入して使用することができなかったため、高い通信料を払って使い続けるか、モバイルデータ通信をオフにし無線LANなどに繋いで使用するしかありませんでした。

しかしSIMフリーの端末であれば海外の格安SIMを挿入して使用することができます。国内の大手キャリア間の通信事業者変更も、通信方式が合致してさえしていれば可能です。

以上がSIMフリー携帯全体に言えるメリットですが、特にSIMフリーの携帯電話で注目されているモデルがiPhoneです。SIMフリー版のiPhoneが注目される理由としては、iPhoneが対応できる周波数帯の幅が多いため、国内における主要な周波数帯の多くをカバーしていることにあります。2015年9月に発売されたiPhone6s/6s plusは日本国内では日本のみの周波数帯である1.5GHz帯を除いて、国内周波数帯の全ての帯域に対応しています。

さらに、KDDIが使用しているWiMAX2+、ソフトバンクのWireless City Planning AXGPまでカバーしています。iPhone以外の端末では通信事業者の変更時にはキャリアや通信方式などをチェックしなければならないが、iPhoneにはそういった手間がなくなるのでより一層注目を浴びています。

▲ページトップへ戻る


SIMフリー携帯の用途

SIMフリー携帯の用途としてはまず国内で通信費を抑えたい場合が挙げられます。上述したように、必ずしもスマートフォンユーザー全員が大手キャリアで通信料定額サービスに申し込まなくてはいけないほど通信料を使う訳ではありません。

中には1GBも使っていない人もいるでしょう。そう言ったライトユーザーはガラケーでいいのではないかと思いがちですが、LINEやSkypeなどのスマートフォンによる通信用アプリケーションを使っていて当たり前という時代柄、スマートフォンにせざるを得ないという方は多いと思われます。そんな方にもSIMフリーの携帯電話は格安SIMが月額1000円以下で利用できるものも多く、通信料を節約することができお財布に優しくなります。

また、海外で使うことがある場合にもSIMフリーは便利です。海外出張や旅行などに行く際に短期間の滞在でも国内キャリアのままモバイルデータ通信をしてしまうと通信料が高額になってしまいます。SIMフリーの携帯であれば現地のSIMカードを使う分だけ購入し、快適に携帯電話を利用することができます。

SIMフリーの携帯電話は2台持ちの利点もあります。例えば、IT系の仕事をしている人にとってはiPhoneとAndroid端末を両方持っている方が便利なことがあります。今までは2台持つためにはそれぞれで契約をしなければいけないものが、SIMフリーの端末であればSIMカードを差し替えるだけで両方を普通に使用することができます。

さらにテザリングをする際にもSIMフリーの方が便利なシーンが多くなります。携帯電話をWiFiルーター代わりにしてパソコンなどでインターネットができるようになるテザリング機能ですが、これは大手キャリアでも使えるものの、通信事業者によってはセキュリティの都合上APNが変更され通信ができなくなってしまうことがあります。このような問題がSIMフリーの携帯では起こりません。ただし、パソコンなどを利用すると通信料が上限を超えてしまうこともあるので注意して下さい。

また、SIMフリーの携帯は使わなくなった際に売却する場合、大手キャリアで契約したままの携帯電話よりも高く売却できることがあります。これは、格安SIMを含めキャリアの選択が自由であることから、買い手もつきやすいためです。

▲ページトップへ戻る

いかがでしたか。通信料の節約から機種変更の自由さなど、使う人に合わせて様々な用途で利用できるSIMフリー携帯はこれからもどんどんと広まっていくと考えられます。SIMロックの解除待機期間や自分の通信料の使用度合いなどチェックする項目が幾つかありますが、それさえおさえておけば快適かつ適正な価格で携帯電話を利用することができます。この機会にぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

■『SIMフリーとは』ページ上部へ
■ドスパラ中古通販サイトTOPへ
TOP

ショッピングガイド

配送・送料について

商品別配送料金一覧(全国一律料金)

PC
PCケース
タブレット
ディスプレイ
プロジェクタ
商品1点につき1,543円(税込)
その他の商品 1店舗ごと669円(税込)

※同一店舗の在庫であっても6点以上のご注文の場合は5点を超えるごとに669円(税込)を申し受けます。

通常ご注文後3営業日以内に発送いたします。

(先払いの場合は入金確認後となります。)

店頭でのお受け取り・お支払い等は承っておりません。

詳細はこちら

お支払方法について

ご注文時に6つの方法からご指定ください。

■クレジットカード

■コンビニ決済

■銀行振込

■銀行ネット決済

■代金引き換え

■ATM決済 (ペイジー決済)

詳細はこちら

保証と商品状態について

商品によって保証期間がございます。
また、「中古商品の状態」、「商品ランク」については、それぞれ詳細をご確認下さい。

詳細はこちら

返品について

商品に不具合がありました場合は、保証期間内においてのみ返品・返金を受け付けております。詳しくは詳細をご確認下さい。

詳細はこちら

お問い合わせ

WEB通販掲載商品の在庫状況及びご購入いただいた商品・買取に関するお問い合わせは、各店舗へ直接お問合わせ下さい。
その他購入相談などのお問い合わせはリユース問い合わせフォームへお願いします。

ドスパラ中古販売店舗一覧 <お問い合わせ窓口>